微笑む女性

肝臓機能のパートナー

女性

遊離アミノ酸の一種

オルニチンは体内を巡る遊離アミノ酸の一種で、摂取されると腸で吸収され、肝臓や腎臓、筋肉などに移行します。そして肝臓にはオルニチンサイクルと言う回路を持ち、体内にたまったアンモニアを無害な尿素に変換する機能などを持ちます。アンモニアの変換にはミトコンドリアの活動が必須で、この活動をオルニチンが活動サポートをしています。アンモニアを尿素に変換することにより、有害な疲労物質を体内から排除し、身体を健やかに保ちます。お酒を飲む際に、オルニチンの含まれる食品を一緒に摂取する事でアルコールの分解を助け、二日酔いの予防や翌日の疲労感軽減に役立ちます。また、オルニチンには成長ホルモンの促進効果も有り、寝る前に摂取すると吸収率が上がり効果的だと言われています。

身近な食材から摂取可能

お酒の席の最高のパートナーであるオルニチンですが、実は身近な食材から摂取が出来ることで人気です。特にしじみからは100gあたり約10〜15g含まれており、しじみの味噌汁などで簡単に体内に取り入れることが出来ます。しじみは、低温になるとオルニチンを含む量が増える特性をもってますので、料理前には水をはったボウルに入れて冷蔵庫で冷やしておきましょう。身を直に食べるなら佃煮でも良いですね。自宅で作れない場合は汁物でしたらカップ製品もあります。またエノキタケからも摂取が出来ますので、冬の鍋物の時期にはなるべく入れるようにしましょう。その他にも薬局ではサプリメントも販売していますので、体質にあった種類の製品を選びましょう。

Copyright© 2015 コレステロールを下げる健康ライフ【生活習慣病を予防しよう】All Rights Reserved.