微笑む女性

腸と脳のつながり

カプセル

プチ断食で腸をお掃除

セロトニンを脳内に分泌させるためには腸の働きを活発にすることも大事です。腸の働きを良くしていくことによってセロトニンの分泌度は高くなっていきます。そのため、ヨーグルトを食べたり運動をしたり、時には腸の中を掃除するように老廃物を排出させる行ないをすることが大事です。ほかにも腸の働きを活発にしていく方法としてでは、プチ断食という方法があります。プチ断食とは本格的に断食を行なうのではなく、食べるものは野菜スープで過ごすというゆるい断食といって良いかもしれません。栄養価が高くカロリーを押さえた野菜スープを食べることで腸の中をきれいにしてくれながら活発になり、血流を良くしてくれたり脂肪燃焼効果を高めてくれたりしてくれるため健康にも良い方法です。

第二の脳とは

便秘になることでセロトニンが脳内に分泌されにくくなるといわれています。実は腸は脳につながっていまして、腸そのものが第二の脳と呼ばれるほどなのです。セロトニンは脳内で作られて分泌されるだけでなく、実は腸内でも生成されているのです。そのため便秘となってしまうと、セロトニン生成の妨げとなり、便秘になることでイライラしやすくなったり気分が落ち込みやすくなったりする人も現れることがあります。そのためにも便秘解消に効果のある方法を行なったりデトックスを行なったりすることが必要です。ただ脳にエネルギーを与えるだけではバランスが良いとは言えず、やはり体全体的に栄養素を補給していくことが重要で、そうすることによって精神バランスも整っていくことができるようになります。

Copyright© 2015 コレステロールを下げる健康ライフ【生活習慣病を予防しよう】All Rights Reserved.